美しく生きるということ――がんサバイバーの1人として

§8 美しさは「考え方や生き方」のなかに


 見た目の理想形を追求していくうちに、逆に本当の美しさは、より内面的なところから出てくるということを、より一層深く感じるようになっていました。

たしかに補整下着を着けることで、見た目のスタイルは瞬時に良くなります。しかし、それ以上に素晴らしい効果は、お客様自身が鏡に写った姿を見て、自分に自信をもつようになる、自分を好きになるということです。

 そのポジティブな気持ちが、表情を豊かに輝かせ、より一層、美しさを増すようになるのです。

そうした観点から、女性経営者として注目を集めていたこともあり、「女性の生き方」をテーマにしたメッセージを発信することが多くなっていきます。

女性カーレーサーとして活躍していた三原じゅん子さんの生き方にも共感して、彼女のチームをスポンサーとして応援していました。

現在、国会議員として活躍しておられる彼女を、とても誇りに思います。